【DOD新製品】円盤焚き火台”ビートルくん”クールでタフなギアが発売しました!

引用:DOD

この度DODから新たな焚き火台、その名も

”ビートルくん”

が発売されました。

このビートルくん、一体どんなギアなのでしょうか?

目次

1 ビートルくんってどんな焚き火台?
1−1ざっくり説明するとこんな感じです。
1−2ビートルくんの特徴
1−3ビートルくんのスペック
1−4ビートルくんの組立方法
2 ビートルくんと合わせて使うとかっこいいギア
2−1チマキテント
2−2ワラビーテント
2−3テキーラテーブル
3まとめ


ビートルくんってどんな焚き火台?

ざっくり説明するとこんな感じです。

  • 大判ディスクなので薪をあまり切らずにすむ。
  • 脚を差し込むだけのシンプルな構造なのでらくらく設営が可能。
  • ハンガー・チェーン付きなので吊り下げて調理も可能。

ビートルくんの特徴

組み立て簡単


引用:DOD

焚き火台本体に脚を差し込むだけで焚き火台が完成。組み立て同様に片付け、撤収もすばやく済ませられます。

ダッチオーブンも可


引用:DOD

焚き火台本体にダッチオーブンを置いて調理ができます。※荷重20kg以内でご使用ください。

ビートルハンガー

引用:DOD

鍋などを吊るすことができるハンガーが付属しているので、焚き火を使ってお湯を沸かしたり炊飯などができます。

ガンガン燃やせる直径50cm

引用:DOD

直径50cmの大判サイズなので、一般的な薪であれば切らずにそのまま置くことができます。

燃料効率が良く、扱いやすい形状

中央部に向かってくぼんだ形状を採用しているので空気が入りやすく、効率良く燃焼させることができます。また崩れ落ちた木材などが中央に集まるため鎮火しにくく、初心者の方でも焚き火の手入れが簡単に済みます。

耐火塗装のアイアン2mm厚

引用:DOD

2mm厚のプレートを採用。表面には耐火塗装を施しており、使い込むほど味が出るタフな仕様です。

吊り下げスタイル

引用:DOD

別売りの テキーラテーブルと組み合わせ、焚き火台本体を吊り下げて使うことができます。※テキーラテーブルの枠組みに引っ掛けてください。
テキーラテーブルと高さを合わせて焚き火を楽しむことができます。

気になる収納サイズ

引用:DOD

焚き火台本体と脚やハンガーなどの付属品をまとめて収納、持ち運びができるキャリーバッグが付属します。大きさは直径50cmほどです。

ビートルくんのスペック

カラーブラック
希望小売価格オープンプライス
サイズ(約)W62×D62×H92cm
収納サイズ(約)直径52×H8cm
重量(付属品含む)(約)4.8kg
静止耐荷重本体:20kg、ハンガーポール:3kg
材質スチール
付属品ハンガーポール、レッグポール×4本、チェーン×5本、キャリーバッグ

ビートルくんの組立方法

引用:DOD

付属品はこんな感じです。

シンプルでわかりやすい構造になっていますので組立も簡単です。

引用:DOD

レッグポールを取り付けるます。(4本)

引用:DOD

ハンガーポールを組み立てます。

半分に分かれている感じなのでそれを一本にする感じです。

引用:DOD

先ほど組み立てたハンガーポールを本体に差し込み完成です。

とっても簡単で時短にもなりますよ。


ビートルくんと合わせて使うとかっこいいギア

新製品の焚き火台”ビートルくん”ですが、合わせ使いでとってもかっこよくなるんです。

それではその、

”合わせ使いできるギア”とは、どんなギアがあるのか見てみましょう。

チマキテント

DODから発売されているチマキテント。

カマボコテントのように爆発的に人気なわけではありませんが、ソロキャンパーさんにはとってもオススメのテントです。

グループキャンプやシェアキャンプでも使用することができ、テントもコンパクトです。

筆者は実際このテントを使っていますが、設営・撤収もしやすくテントを変えてから質の良い睡眠にかわりました。

【DOD】チマキテントでシェアキャンプ!ソロでも使用可能です。【7月25日発売】

ワラビーテント

ワラビーテントはカンガルースタイルでキャンプをする方にぴったりなギアです。
タープはあるけど、、、という方もこのワラビーテントがあるだけでカンガルースタイルのキャンプができちゃいますよ〜

【DOD新商品】ワラビーテントは自由自在に使える渋めソロキャン向けインナーテントです。

テキーラテーブル

テキーラテーブルはレッグとプレート部分を組み合わせて使うテープルです。
雰囲気もとってもかっこよくて、テキーラテーブルがひとつあるだけでガラリとキャンプの印象を変えてくれます。

まとめ

いかがでしたか?最近のDODのギアは渋くかっこいい!という路線に攻めてきているのかな?と感じます。ソロキャンが流行っているのでこの焚き火台もみためやポール付きなのでゾクゾクするかたが多そうですね〜!今後ともDODさんには大期待ですね〜。

みなさんもぜひこの焚き火台で、寒くなりつつあるキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です